[Xcode11] Environment Overrideの便利な機能を紹介

1 min
アイキャッチ画像

Xcode11からEnvironment Overrideという便利な機能が追加されているので紹介します。

Environment Overrideとは

本体設定の一部をXcodeから簡易に設定することのできる機能

Environment-Override
Environment-Override

Xcode下部のアイコンタップで表示できます。

設定できること

  • Interface Style : DarkModeの切り替え
  • Dynamic Type : システム全体のフォントサイズ
  • Accessibility
  • increase Contrast: コントラストを上げる
  • Reduce Transparency: 透明度を下げる
  • Bold Text: 太字
  • Reduce Motion: 視覚効果を減らす
  • On/Off Labels : オン/オフラベル
  • Button Shapes: ボタンの形
  • Grayscale: グレイスケール
  • Smart Invert: 色反転
  • Differentiate Without Color : カラー以外で区別

DarkModeの切り替えはこれから必要になるので有り難いです

おまけ

XCode11ではその他に追加されたDebug機能もあります。

[ Menu ] -> [ Window ] -> [ Devices and Shimulators ] -> [ Condition ]

Xcode11 debug

Condition項目が増えており、

  • NetWork Link : ネットワークの状況操作
  • Thermal State : 本体温度のシュミレート

参考

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2019/412/

カテゴリー:
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です