効率よくUIKitからSwiftUIへ移行する iOSDC Japan 2020 day1

1 min

SwiftUIが出て、大きなパラダイムシフトになっています。弊社アプリのObjective-C -> Swift移行の知見を活かし、失敗せずにUIKitからSwiftUIへ移行するための計画と考察した内容を共有します。具体的には、以下のとおりです。

Planning
・まだ移行できない段階でどう計画を立てるか

What not to migrate (yet)
・まだまだSwiftUIに向いていない処理と画面を理解する

Prototyping
・移行以前に、SwiftUIの使い方と違いを理解するうえでの、prototypingの有効性

Swift
・値型や関数型プログラミングなど、モダンなSwiftコードにすることで、SwiftUIへ移行しやすくする

Reactive Programming
・RxSwift/ReactiveSwiftを使っている、又はまったくリアクティブプログラミング経験のない状態から、SwiftUIでよく使われるCombineの導入方法・準備方法

Interop
・UIKitとSwiftUIの混在と互換性
・RxSwift/ReactiveSwiftとCombineの混在と互換性

Components
・コンポーネント化の有効性

Architecture
・SwiftUIに適したアーキテクチャを評価し、導入する方法

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

josh

SNS等

Twitter : yhkaplan

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です