SwiftUIとFlutter : iOSDC Japan 2020 day2

1 min

今年のWWDCでiOS14からSwiftUIがパワーアップしてListだけでなくGridも追加されました。
ListとGridの概念は既にGoogle製クロスプラットフォームのFlutterのウィジェットに
存在していますのでよりFlutterに近づいてきたなという印象です。

実はSwiftUIの知見があればスムーズにFlutterに移行でき、
またFlutterでの開発経験があればSwiftUIに移行するコストも少ないです。
私はどちらかといえば、FlutterがiOSアプリエンジニアにもっと普及すればいいのにと思っています。

本セッションではサンプルアプリをSwiftUIとFlutterの両方で開発してみて、
SwiftUIとFlutterそれぞれの書き方を検証したいと思います。

それとともにFlutterの学習ロードマップを紹介しようと思います。

聞いてほしい対象者

  • SwiftUIにそろそろ本腰を入れようと人
  • SwiftUIの知識でFlutterの学習コストを減らしたいと思っている人
  • Flutterでのアプリ開発に興味がある人

発表資料

見つけ次第追記します

Youtube

上がり次第追記します

発表者

tamappe

SNS等

Twitter : tamapppe

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です