2020年4月までにiPhone iPad開発者が対応する事

2 min
icatch_wwdc19

WWDC19でiPhone、iPadについて202年4月までに開発者が対応すべき事が発表されました。
この記事を読めば何を対応しなくてはいけないのか、どう対応すればいいのかがわかります。

早速見ていきましょう

2020年4月には対応しないといけない事

iOS13UI
iOS13UI

上記画像がWWDC19内で発表されたスライドなのですが、内容は

  • Adopt Launch StoryBoards
  • Support any size
  • Support Split Screen Multitasking

上記項目を対応しないとアプリの申請が通らなくなります。

順番に見ていきましょう

Adopt Launch StoryBoards

プロジェクト設定でLaunch Storyboardsを使用しなければならいという事なので

Launch Screen
Launch Screen

プロジェクト設定画面で設定してあげればOKですね

これで起動画面で表示されるスプラシュ画面でLaunch Storyboardsが表示されます

注意すべき事

Launch Imagesは画像ファイルを解像度別に設定でき、設定されている画像でアプリの解像度が決まっていましたが。Launch Soryboardsを設定するとiPhone7 PlusやIPhoneX端末ではか@3xの解像度サイズになってしまいます。画像を綺麗に見せるには@3xの画像を用意した方がいいので注意してください。

Support any size

これはあらゆる解像度をサポートしてください。

という事なんですが、

iPhoneはLaunch Soryboardsに変えた後、色々な解像度で正しく表示されていれば問題ないと思います。

iPadも同じように対応しないといけません。

そこで次の項目になります。

Support Split Screen Multitasking

多くのIPadアプリは問答無用でRequires full screenにチェックを入れてMultitasking対応していないかと思いますが。ついに対応しないといけなくなります。iOS9からこの機能が追加されてiOS13で対応必須となります。

どう対応するのか?

  1. Launch Storyboard を設定します
  2. Device Orientationの4つ全ての方向にチェック
Device-Orientation
Device-Orientation

あとは正しく表示されてるか画面を確認すればOKです。

正しくAutoLayoutで画面作成されていれば、さほど修正もないでしょうが、昔からの固定値とかでレイアウトを作成していると修正は大変かもしれません。

まとめ

appleとしてはすべての端末で綺麗に見せるようにしたい、これからも色々な解像度の端末がでるかもしれないし対応しとけというメッセージかもしれません。

iPadでのMultitaskingをもっと利用してほしいという思惑はあるんだと思います。

以下も合わせて確認しておくと良いですよ

1/24 追記

https://developer.apple.com/jp/news/?id=01132020b

Appleからお知らせが出ましたが、

iPad対応「対応しなければならない」から「強くお勧め」に変更され表現も緩やかになっています。(must からstrongly encouraged)

1/31 追記

これどうなんですか?聞かれることがあったので、appleに問い合わせをしてみました

Q.iPhoneアプリとしてだしているアプリでもiPadの対応もしなくちゃいけないの?

A.「universal対応までしないといけないという指示は今現在受けていない」
という回答をもらったのでiPad対応まではしなくてもいいのかなという見解です

参考資料

https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2019/224/

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です