iOSには無いmacOS独自機能をCatalystで実装する iOSDC Japan 2020 day1

1 min

これまではmacOSのアプリケーションを開発しようと思うとAppKitというUIKitとは異なるframeworkを利用する必要がありiOSアプリの開発とは勝手が異なりました。​
そんな中WWDC 2018でmacOS Mojaveの一部のアプリケーションにUIKitをmacOSに対応したアプリケーションが搭載されることが発表されました。
さらに、翌年のWWDC 2019にてその機能が開発者向けに「Project Catalyst」として公開されました。
Catalyst対応はXcodeでチェックを一つ入れるだけで簡単にビルドをすることが可能です。
しかし、macOSらしいアプリケーションを作ろうと思うとすべきことが色々とあります。
WWDCでもサイドバーのUIをmacOSらしくする方法などが紹介されていましたが、WWDCで紹介されなかった機能がいくつもあります。
CatalystにおいてiOSには無い機能として「メニュー」、「Touch Bar」、「Toolbar」があげられます。
本トークではCatalystに対応した2つのアプリのリリース経験とCatalystに関する本を執筆した内容を基に、
対応方法の基礎から、先述したメニューやTouch Bar、Toolbarへの対応方法をご紹介します。

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

かっくん

SNS等

Twitter : fromkk

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です