In App Purchaseのこれからの在り方を考え iOSDC Japan 2020 day1

1 min

6月にメールアプリHeyのアップデートをリジェクトしたApp Storeの審査についてアメリカのBasecamp社が公開した文書は多くのアプリ制作者が抱える「アップル税」の悩みを凝縮したものだと言えます。
この文書はメディアに大きく取り上げられ、議論の必需性を再提起しました。

業務でIAPについて悩んだ時期とこの一連の事件がちょうど重なり、Appleのスタンスと今までの事例について根深くリサーチする機会がありました。
このトークでは以下の点を抑えながら現在アプリに求められているガイドラインをおさらいすると同時に、理想のプラットフォームの在り方について考えます。

  • 既存サービスの実例
  • 私が実装した解決方法
  • SaaSと共存するためのApp Sore Review Guidelines

発表資料

見つかり次第追記します

Youtube

上がり次第追記します

発表者

Yuki Yamamoto

SNS等

Twitter : redryerye

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です