google/mediapipe で始めるARアプリ開発 : iOSDC Japan 2020 day2

1 min

mediapipeはgoogleが開発しているMLパイプラインを構築するオープンソースのフレームワークです。
https://github.com/google/mediapipe

mediapipeを使うことで、簡単に映像から文字やモノの位置を推定することができます。
一見するとARKitやVisionを使えば良いように思えますが、mediapipeを使うことでそれらのフレームワークが利用できないデバイスでも利用出来るという利点があります。

また、ARKitでは出来ない高度な機能も実装することができるため、既にあるARKitアプリの表現力を広げることも出来るはずです。
このトークではそんなmediapipeを使ったARアプリの開発を通して、その導入の仕方や使い道を紹介します。

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

noppe

SNS等

Twitter : noppefoxwolf

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です