エラーアーキテクチャ設計について考える iOSDC Japan 2020 day1

1 min

みなさんは「エラー」の取り扱いをどうされていますか?

APIからのエラーレスポンス、予期せぬ操作によるエラー、JSONパースエラー、などなど、色んなところで発生するエラーを適切にハンドリングするのは難しいと感じています。

例えば、クリーンアーキテクチャなどのレイヤーが複数存在しているような場合、レイヤーをまたいだときのエラー変換がボイラープレート化し、ユースケース個別のエラー処理に悩むことが多いです。

トークでは、弊社のアプリ (iOS, Android) を事例として、実際に試行錯誤した経験談、また、その過程で得られたエラーアーキテクチャの設計への知見ついて、お話しします。

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

きちえもん

SNS等

Twitter : iKichiemon

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です