CTIサービスを支える裏側 〜物理デバイスとの戦い〜 : iOSDC Japan 2020 day2

1 min

飲食店の予約台帳アプリであるレストランボードでは、電話応対業務をサポートする待望のCTIサービスをリリースしました。

このサービスでは、「CTI-BOX」と呼ばれる専用物理デバイスが店舗の固定電話とiOSアプリを繋ぐハブとなり、システム化を実現しています。
専用物理デバイスを採用したことで、iOSアプリとの連携や通話転送をするためのBLE/SIP/PSTNなど各種通信I/Fや、機器や設置環境の物理的な制約など、通常のアプリ開発とは異なる様々な困難がありました。

本セッションでは、CTIサービスを開発する上で発生したシステム・運用両面での課題と、それを解決するための技術的チャレンジについてお話しします。

発表資料

見つかり次第追記します

Youtube

上がり次第追記します

発表者

浅野 宏明

SNS等

なし

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です