Catalystに対応したアプリをリリースするまでのリジェクト集 iOSDC Japan 2020 day1

1 min

WWDC 2018でmacOS Mojaveの一部のアプリケーションにUIKitをmacOSに対応したアプリケーションが搭載されることが発表されました。
さらに、翌年のWWDC 2019にてその機能が開発者向けに「Project Catalyst」として公開されました。
しかし、既存のiOSアプリをCatalyst化してリリースしようとすると立ちはだかる難関があります。
それはiOSアプリをリリースする時と同様の審査です。
本トークでは既にiOSではリリース済みのアプリをCatalyst化してリリースしようと審査に提出した際にリジェクトされた事例とその対応をご紹介します。

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

かっくん

SNS等

Twitter : fromkk

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です