Apple pencil対応の勘所を話します iOSDC Japan 2020 day1

1 min

Apple pencil、活用できてますか?

Apple pencilは、2015年末にiPad Proとともに発売され、2018年末には第二世代が発売されました。長らくApple純正アプリ以外は対応に苦慮してきたと思われますが、WWDC2019でPencilKitが発表されたことにより、簡単にApple pencil対応が可能になりました。

ライブラリ自体は使いやすいものですが、具体的なノウハウについては情報が少なくて、実際につくってみると試行錯誤することになりました。そこで本トークで、開発ノウハウを共有したいと思います。

このトークでは、PencilKitを利用したノートアプリ(「Like a Paper」)を個人開発した経験から、Apple pencil対応の勘所を話します。具体的には、PencilKitでできること/できないこと、 PKDrawing から UIImage への変換、ダークモード対応の罠、 PKToolPicker のカスタマイズなどを扱います。

発表資料

Youtube

上がり次第追記します

発表者

Shetomi

SNS等

Twitter : 0si43

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です