Apple Low-Latency HLSを使った超低遅延配信について : iOSDC Japan 2020 day2

1 min

AppleがWWDC 2019で発表したLow-Latency HLSは、2秒未満の遅延を実現することができます。
しかし、Apple Low-Lantecy HLSはとても複雑で、現時点で採用している製品はあまり多くありません。
今回はApple Low-Latency HLSが既存のLow-Latency HLSとの違いや内部の仕組みや、AVPlayerで再生する場合にどうすればいいのか、既存の製品や新しく配信サーバを構築するときにどういったことに気をつけていけばよいのかについて解説していきます。

発表資料

見つけ次第追記します

Youtube

上がり次第追記します

発表者

meteor

SNS等

Twitter : s_urabe

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です